紫外線って何種類あるの?知っておきたい紫外線が肌に与える影響

スキンケア

「暑い時期だから日焼け対策しないと…」

「夏だから出かけるのに日焼け止め塗らないとね…」

・・・ちょっと待ってください!
日焼けは1年中するものです!

冬だから、秋だから、春だから・・・といって日焼けをしないわけではないですし、紫外線はいつでも出ていますよ。

「えー、でも夏ほどじゃないからそんなに対策しないでいいでしょ?」

そう思った方・・・

大きな間違いです!

冬の雪に反射した紫外線は通常の太陽からの紫外線を100%とした場合、80%もの反射率で反射するんですよ。

冬でも紫外線はあなどれません。

そこで今回は、紫外線についてスポットをあててご紹介していきます。

▶併せて読みたい

本当に石鹸で落とせる日焼け止め5選!化粧品検定所持者が教える日焼けケア講座も!
紫外線が気になる季節っていつか知っていますか? 実は、1年中通して、紫外線は出ているんです。 もちろん、冬場も紫外線は出ているんですよ。 紫外線がもっとも強い時期は6月と言われています。 日焼けはしたくない!...

知っておきたい!紫外線の種類

紫外線には大きく分けて2つの種類があります。

その違いや肌へもたらす影響などを詳しく説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。

UV-A(紫外線A波)

UV-Aというのは、普段生活していて、一番あたってしまう可能性の大きい紫外線です。

紫外線の中でも、最も長波長で、家の中にいても日焼けしてしまいます。

窓ガラスを通り抜けてくるほどのパワーがあり、生活紫外線とも呼ばれていますので「普段、家に中にいるから日焼けはしない!」と思っていると、UV-Aによって日焼けしてしまう可能性も!!
家の中にいても、日焼け止めを塗っておくことが大切になってきます。

UV-B(紫外線B波)

UV-Bは、パワーこそ強く、海や山などのレジャーで真っ赤に日焼けしてヒリヒリする日焼けを起こす紫外線のことを指します。

しかし、普段の生活では中長波なので、家の中までは届かず、外に出る際に気を付ければいいという程度の長波しか地上には届かない紫外線です。

では、このUV-AとUV-Bは肌にどのような影響をもたらすのでしょうか?

次の項目で説明していきます。

紫外線が肌にもたらす影響

紫外線は油断をしていると日焼けを起こし、シミの原因にもなりかねません。

また、夏だけではなく、冬にも紫外線は要注意ですし、曇りの日や雨の日にも紫外線対策をしないといけません。

それは、肌にさまざまな影響を起こすから。

では、具体的にどのような影響をもたらすのでしょうか?見ていきましょう!

生活紫外線(UV-A波)が起こす影響

UV-Aは生活紫外線とも呼ばれており、窓ガラスを通り抜けて、家の中まで入ってきます。

さらに、皮膚の表面(表皮)のみならず、真皮と呼ばれる、肌のさまざまな重要組織の集まった場所にまで入り込んできてしまうのです。

真皮という場所には、シミを作り出す「メラノサイト」という部位も存在しています。

この「メラノサイト」を活発化させてしまうのがUV-Aの厄介なところで、活発化した「メラノサイト」はどんどんシミの原因となる「サンタン」を起こしてしまうのです。

サンタンというのが何かはのちほど解説しますが、サンタンが起こると、肌が黒くなってしまうので、日焼け状態を作り出してしまいます。

レジャー紫外線(UV-B波)が起こす影響

レジャー紫外線と呼ばれているUV-Bはとにかく肌へのダメージを与える力が強いのが特徴です。

パワーはあるのですが、UV-Aのように「真皮」までは入り込まず、「表皮」までしかダメージは与えません。

よく、海で遊ぶと真っ赤な日焼けをしてヒリヒリ痛むことがあると思いますが、その現象を起こしているのが、UV-Bなのです。

肌のやけど状態を作り出すもの、とイメージするとわかりやすいかと思います。

サンバーンとサンタンって何?

日焼けのことを調べていると、サンバーンとサンタンという言葉が出てくることがありますが、これも、UV-AとUV-Bの影響による「症状」のことを指しています。

解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

サンバーンとは

サンバーンとは、UV-Bが引き起こすもので、紫外線を受けた皮膚が炎症を起こしてしまい、赤く、ヒリヒリとしたやけど状態になることをいいます。

わかりやすく説明すると、先ほどからの例で出ているレジャー(海や山、川、プールなどで遊ぶ)を楽しんでいると、赤くヒリヒリとした肌になって、お風呂に入ると痛くなりますよね。

そのやけど状態の肌を作ることをサンバーンといいます。

サンバーンはひどくなると皮膚がんの要因にもなるので、レジャーを楽しむ際はきちんと日焼け止めを塗るようにしましょう。

サンタンとは

UV-Aが引き起こすもので、「即時黒化」や「遅延黒化」などを引き起こすものを指します。

即時黒化や遅延黒化といわれても、ピンとこないですよね。

わかりやすく説明すると、今の世の中、マスクが必須アイテムです。マスクをしたまま、外仕事を続けてみると、マスクをしていた部分だけ日焼けをせず、マスクをしていない部分だけ黒くなっている…なんて現象はありませんか?

また、腕時計を毎日して仕事や家事をしていると、時計をしている部分だけ白く、そのほかの肌は少し黒い…なんていう現象もサンタンという紫外線照射中すぐに起こる「即時黒化」や数か月間続く「遅延黒化」のことなんですよ。

普段私はこんな風にスマートウォッチを付けているのですが…

外すとスマートウォッチの部分だけ白いのがわかるかと思います。これが、サンタンの一例です。

しかし、サンタンは悪いものではありません。

紫外線から肌を守るための自然の「サンスクリーン」の役目を担っています!

日傘やサングラスは紫外線予防に有効?

日傘やサングラスは紫外線予防に有効とされています。

日傘は、白いものよりも、黒いものの方が紫外線を吸収するので、黒いものを選ぶとよいでしょう。

白い日傘は、紫外線を乱反射させてしまうため、紫外線が日傘を通り抜けて肌に届いてしまう恐れがあります。

そして、紫外線は目にも吸収されてしまうといわれていますので、UVカットのサングラスは目に優しいのでおすすめです。

ただし、濃い色のサングラスは横からの散乱光に気を付けなければなりません。

サンケア指数とは?

UVケアを目的とした化粧品にはサンケア指数(SPFとPA)が定められています。

SPFと、PAとはなにか?について解説していこうと思いますので、ぜひ読んでみて下さい。

SPFとは?

SPFとは。UV-Bのの防止効果を示した指数のことをいいます。

よく、日焼け止めや化粧下地などにSPF24などと書いてあったりしますよね?

その24という数字の意味を解説しますと・・・

赤くなってヒリヒリするやけど状態の日焼けを起こすまでの時間をどれだけ遅くできるか?という時間を計算できる、ということになります!計算方法は・・・

25分(サンバーンを起こすまでの時間)×SPF24=600分(÷60分)=10時間

(色白の人で20分、普通肌の人で25分、色黒の人で30分…でサンバーンを起こすという計算で計算していきます)

つまりはサンバーンを起こすまで10時間のばせるということになります。

PAとは?

では、PAとはなんでしょうか?

日焼け止めにはPA+++などの表記がありますが、これはUV-Aの防止効果を表したものです。

もちろん「+」マークの多いものほど効果は高いのですが、PAは特に計算式などはなく、

PA+・・・効果がある

PA++・・・かなり効果がある

PA+++・・・非常に効果がある

PA++++・・・極めて高い効果

という表記のみになります。

シーンに合わせて適切な日焼け止めを選ぼう!

ここまで、紫外線の説明と、サンバーンやサンタン、SPFやPAについて説明してまいりました。

日焼けは1年中起こりますし、晴れの日のみならず、曇りの日は晴れの日を100とした場合、60%の割合で紫外線が降り注いでいます。

家の中にいるからといって油断は禁物!

お肌をキレイに保つには、日々の努力も必要ということになりますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

▼おすすめの日焼け止め▼
NALCパーフェクトウォータープルーフ

この記事を書いた人

1987年生まれ。昭和女子大学短期大学部を中退後、介護職に就くも、椎間板ヘルニアを患い、辞職。高校生のころから精神疾患に悩まされている。化粧品検定3級取得。2級に向けて勉強中。美容薬学検定も取得予定。一応既婚者。旦那に甘えっぱなしのダメ主婦。Webライター歴はフリーランスがほとんどだが、4年半ほどある。

南条莉子をフォローする
スキンケア
シェアする
南条莉子をフォローする
南条のメンタル&ビューティークリニック
タイトルとURLをコピーしました