知らないと損する!美しい肌を手に入れるための生活習慣とは?大事な要素を紹介!

スキンケア

美肌を手に入れるためには、基本的なスキンケア以前に、生活習慣を見直す必要があります。

人間は、生理作用があり、生理作用とうまくつきあっていかないと、美肌を作るには少し不安定な状況になってしまうのも現状。

そこで、今回は生活習慣とうまく付き合って、美肌を手に入れるコツを伝授していきたいと思います!

この方法を実践しないまま、スキンケアだけ頑張っても、効果は半減…。

ぜひ、参考にしつつ、普段のスキンケアも頑張ってほしいと思います!

睡眠

美肌への近道は何といっても「睡眠」にあり!

睡眠しはじめてから、約3時間の深い睡眠の間に、「成長ホルモン」の分泌が盛んになり、この「成長ホルモン」によって、食事で摂った栄養素が吸収され、細胞が活性化されます。

特に午後10時~午前2時は肌のゴールデンタイムと呼ばれ、肌にとって一番吸収率のいい時間。

あくまで目安なので、大切なのはしっかりと「睡眠」をとれたかどうかによります。

睡眠前はスマホを使わない

睡眠時間の直前まで、スマートフォンやパソコンをいじっていると、ブルーライトがどうしても目に入ってきます。

目だけではなく、ブルーライトは、肌にも影響を及ぼすのも事実。

このブルーライトのせいで、睡眠を安定させるメラトニンが分泌されにくくなってしまいます。

眠りにつく前は、スマホやパソコンはいじらないようにしましょう!

睡眠前はカフェイン入りの飲み物を飲まない

コーヒーや紅茶、緑茶に含まれているカフェインは、脳を活性化させていまい、覚醒させてしまう作用があります。

就寝前の午後8時以降はカフェインの入った飲み物を飲まないようにしましょう。

そうすることで、質のいい睡眠をとることができるようになります。

喉が渇いた場合は、カモミールティーのような、ハーブティーを飲むと心もリラックスできて、いいですよ!

夜間照明は暗くすること

夜間、まぶしい光を浴びてしまうと、睡眠を安定させる「メラトニン」が分泌されなくなります。

つまりは、質のいい睡眠がとれなくなるというわけですね。

ですので、睡眠1時間ほど前からは、なるべく明るすぎる光の下は避けるようにしてください。

食事や飲み物

美肌のための食べ物というと、ビタミン系の食べ物を想像しがちではないでしょうか?

しかし、栄養素は単独で作用するものではないので特定の栄養素ばかり摂っていても意味がありません。

さまざまな栄養素をバランスよく摂ることによって、美肌はうまれていくのです。

ビタミンA

抗酸化作用や、肌、粘膜を正常に保ってくれるのがビタミンA

多く含まれている食材は、緑黄色野菜やレバーです。

摂取目安は1日100g以上!多いと感じるかもしれませんが、温野菜や炒め物、煮物にしてしまえば、それほどの量にもなりませんよ。

ビタミンAはビタミンCとは違い、水溶性ではないため、こまめに摂取する必要がないのもポイント。

ただし、サプリで摂る場合は、摂取のしすぎに注意が必要です!

ビタミンC

美白やアンチエイジング、保湿に役立つビタミンC

抗酸化作用があり、コラーゲンの生成を助けてくれる栄養素でもあります。

レモンはもちろんのこと、意外と知られていない、パプリカ、じゃがいも、ブロッコリーなどに含まれているんですよ。

果物ですと、いちごやキウイに含まれていますが、食べ過ぎると「糖分」の摂りすぎになるので注意が必要です。

ビタミンCは必要以上に摂取すると体外に尿として排出されてしまうので、毎日少しずつ摂取するのがポイントですよ!

タンパク質

体のベースを整えて健康な肌へ導いてくれるのがタンパク質の役割

肌を作る根本的な栄養素として、ぜひ取り入れたい栄養素です。

タンパク質単体ではやはり効果は最大限発揮できませんので、ビタミン類と、うまく組み合わせて取り入れるのがベスト!

タンパク質が含まれている主な食材は肉や魚です。

また、卵や牛乳などの乳製品もおすすめ!

脂質を心配する方も多いかと思いますが、調理法をシンプルにすれば、カロリーはそこまで高くなりませんので、ご安心を!

運動

Processed with VSCO with c7 preset

美しい肌を手に入れるためには、運動も欠かせない要素になります。

なぜ運動が欠かせないのかというと、脂肪燃焼による体重の減少や、心肺機能の向上、筋力アップ、ストレス解消、生活習慣病の予防と改善などがあげられるからです。

美肌にも効果は期待できますが、身体機能の向上にもつながるので、ぜひ取り入れてみてください。

有酸素運動

しっかりと呼吸をしながら全身の筋肉に酸素をいきわたらせながら比較的長時間行う運動のことです。

有酸素運動は、20分以上おこなうとその効果が出てくるといわれていますよ。

運動例としては、ウォーキングや水泳、ランニングなどがあげられます。

無酸素運動

瞬発的に筋肉を収縮させ、比較的短時間で行う運動のことです。

運動例としては筋トレ、短距離走などがあげられます。

筋力アップのみならず、成長ホルモンの分泌にもつながりますよ!

ストレッチ

楽に呼吸をしながら反動をつけず、ゆっくりと筋肉や腱をのばす運動です。

血行促進や、疲労回復にも効果が期待できます!

美肌は、運動からも取り入れることができるので、無理のない範囲で取り入れてみてくださいね。

生活習慣を改善して美肌を目指そう!

ここまで、睡眠や食事、運動が美肌への近道ということをご紹介してきました。

特に睡眠と食事は、普段の生活に取り入れやすいものだと思いますので、ぜひトライしてみてほしいと思います!

美肌は1日にしてならず!

継続して行うことが大切です。

私も、野菜を摂ったり、ジムで運動を取り入れているうちに「美肌」に近づいてきました。

友達や知り合いに「肌、きれいだね!」なんて言われるとテンションもあがります!

普段の生活から気を付けていれば、美肌が手に入るチャンスもつかめますよ!

次はあなたの番です!

挑戦してみてくださいね!!

 


人気ブログランキング
この記事を書いた人

1987年生まれ。昭和女子大学短期大学部を中退後、介護職に就くも、椎間板ヘルニアを患い、辞職。高校生のころから精神疾患に悩まされている。化粧品検定3級取得。2級に向けて勉強中。美容薬学検定も取得予定。一応既婚者。旦那に甘えっぱなしのダメ主婦。Webライター歴はフリーランスがほとんどだが、4年半ほどある。

南条莉子をフォローする
スキンケア美容
シェアする
南条莉子をフォローする
南条のメンタル&ビューティークリニック
タイトルとURLをコピーしました